衣・食・住……私たち人類は身近にあるものを捕獲し、採取し、加工して暮らして来ました。食べ物だけではなく、衣服も、住居もそうです。  金属や樹脂を多用した住宅が普及したのは、人類の長い歴史から見るとごく最近のことです。

 「木の家」の利点を挙げるとたくさんありますが、今、私たちが暮らすその周りにある天然の素材を活用して暮らすのはごく当たり前のことではないでしょうか。そして、その当たり前の暮らし方が、私たちの心身の健康にも良いことがわかってきました。身近にある自然素材と共に暮らす、そんな暮らし方が見直されて来ていることを歓迎したいと思います。